ワークフローエディタ
最終更新日付: Mon, 26 Aug 2013 16:58:50 JST ( 4 年前 )

    0. 概要

    ワークフローエディタは、YUIベースのライブラリであるWireItを利用したワークフロー編集ツールです。
    種々のフローを視覚的かつ直観的に構成することができます。



    synqueryで起動するフローはすべてゲート/ステート モデルで構成されます。
    また、グループを登録することでアクターを指定したフローを起動することが可能です。

    • 0.1. ゲート/ステート モデル

      ワークフローを構成する要素はゲートステートです。

      • ゲート
      • フローの通過可否を判定します。
        入力がゲートに定義される条件を満たしていれば出力を行い、次のステートに遷移します。

      • ステート
      • フロー中のデータの状態です。
        ステートには、1つ以上のユーザのアクションを定義することができます。
    • 0.2. アクター

      ステートにおいて、アクションを実行するユーザをアクターと定義します。
      アクターには、ワークフローデータを作成したデータ所有者およびデータベースに登録したグループを指定することができます。

      ※グループに関するデータの格納先はアクターの取得先を確認してください。