last update: Tue, 26 May 2020 23:45:21 GMT ( 9 months ago )

        Specifications

        • Access API from browser

        • server preference

          • original domain

          • reserved request

          • routing path masquerade


            synquery では RSD リソースや その他 URL 上で公開中のリソースについて、パスを定義してアクセスすることができます。synquery 上ではこれを "RPM" (Routing Path Masquerade) と呼んでいます。
            この機能を有効にすることで、http および https の予約済みリクエストを除いた全てのパスが、自由に利用可能となります。

            利用方法はプロジェクト管理画面から RPM タブを選択し、必要項目を入力するだけです。
            リソースには有効期限を設定することもできます。
            Path 出力パスを指定します。リクエストパスとこのパスが一致した時のみ、リソースが出力されます。複数同じパスが存在した場合、有効である最初のパス情報が採用されます。
            Content-Type 出力時の Content-Type ヘッダーを指定します。
            Out Region リソースを指定します。記述方式は以下2つがあります。

            <rsd:(rsd_id).(rsd_key)>
            ... _id が rsd_id の RSD の、 rsd_key の値を取得します。
            リソースとなる rsd はプロジェクトに所属させていなければなりません

            <[url: / get: ](url)>
            ... url の情報を get で取得します。
            Expires 有効期限の開始、終了をそれぞれ入力します。日付形式で入力し、評価させます。

            http://synquery.com/3zLpJPpA/RPM/NoleakEmitter.js 及び https://synquery.com/3zLpJPpA/RPM/NoleakEmitter.js から割り当てたリソースが確認できます:
          • configuration

          • security and authentication